美しが丘の家


UTSUKUSHIGAOKA HOUSE,Aoba-Ku,Yokohama

 横浜市郊外に計画された住宅です。外観、プランともに極力シンプルデザインしながら、以下の点に留意し設計を進めました。

①家の中に自然光を取り込むことで、明るさを確保すると共に照明利用の軽減を促す。

 ⇒玄関天窓、LD大開口、2階廊下ハイサイドライトの採用

②広々とした間取りの実現

 ⇒タタミコーナーに引込ふすまを採用し、空間の有効活用を実現。

 ③意匠性とメンテナンス性に配慮

 ⇒外部木ルーバー、木デッキには経年劣化に強い人工木を採用。

  また南側外壁面をオフセットすることにより、風雨による劣化を軽減。