横浜に残った理由

 本日(12月2日)事務所を横浜市中区本町1-7東ビル212に移転致しました。


 明日12月3日より新事務所にて稼働致します。


 移転する際に、東京に移ろうか、横浜に残るか相当悩みました。


 現在のクライアント様はほぼ東京で、打ち合わせも東京が多いです。


 しかし横浜に残った理由があります。


 1.家賃が安い=広い

  今回借りた物件は横浜市のど真ん中にありながら、9000円/坪以下です。東京23区内で同じ条件だと

  この倍はするでしょう。大きな模型をたくさん作る弊所にとって、広さは譲れないポイントです。


 2.職住近接を実現したい

  自分やパートナー、アルバイトさん、全て横浜市民です。仕事と生活の質を高めるのは、弊所

  の社是です。

 

 3.街としてのブランド力がある

  これは誰も認めるところだと思いますが、弊所はさらに、Design Oriented Cityへ横浜を変貌させる

  ことを目標にしたいと考えています。


 また弊所はシーザー・ペリの事務所をベンチマークとしています。ペリの事務所はアメリカのコネチ

カット州ニューヘブンに事務所があります。ニューヨークとボストンの間にある、イェール大学のある

街です。東京と仙台に挟まれた筑波学園都市のような街です。


 イエール大学以外に目立った観光資源はありません。そんな田舎とも言える街に事務所を構えながら

世界の主要都市に建つ高層ビルや公共施設をデザインしています。


 事務所は夜中の3時まで働く人、土日も出勤する人がいるなど、かなりハードワークですが、夕方5時

になると、みんな一斉に自宅へ帰り、家族と食事をした後に再び事務所に戻って仕事をします。中には

スカッシュやテニスをして、夜の10時頃事務所に戻ってくる人もいます。


 また、必ず定時で上がり、土日は必ず休む人もいます。アメリカは自由の国なので、出世したい人はよく働くし、そうでない人は自分のペースで無理なく働きます。


 どんなに忙しくても生活と仕事のバランスは必ず取る、それでいながら世界を相手に仕事をする。

 

 働く人の生活の質が高くないと、質の高い建築は作れないと思います。そういった意味では横浜は

うってつけの場所だと、自分は勝手に思っています。


 ここ横浜に根を下ろし、世界を見据えて活動していきたいと常日頃思っています。ペリの事務所の

ように。


 今後も皆様や社会に役立つ存在であり続けていきますので、どうぞ宜しくお願い致します