BIMはじめました。

 建築業界では、大手組織事務所やスーパーゼネコンを中心に導入が進んでいるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデル)。

 

 3Dで建物を組み上げ、そこから平面図(プラン)や立面図、面積表などを自動的に作成するCAD(作図)ソフトのことです。

 

 いままでのCADは「2DのCAD」と呼ばれ、手描きで線を描くように、コンピューター上で線を一本一本マウスで「描いて」おり、図面は単に線や面というベクトルデータの集合体で、情報を持ち合わせていませんでした。


 なので、平面図を修正すると、関連する箇所がある図面はその都度ファイルを開いて修正するという、デジタルデバイスを使っていながら、とてもアナログな作業をしていました。


 しかし、このBIMを使えば、コンピューター上で建物(モデル)を組み上げているので、モデルを修正すると関連する図面が全て修正されるので、設計のスピードが従来とは比較にならないほど速くなりました。

 また3Dでモデルを組み上げながら設計していくので、計画初期の段階から、空間のスケール感などを直感的に把握しながらデザインしていくことができます。

 

 弊所が導入したのはグラフィソフト社のARCHICADというソフトです。BIMの中でも、直感的に作業が出来ると定評のあるソフトです。しかもBIMxというウォークスルーシュミレーションソフトが付属しているので、モデルを組み上げると同時に、その建物の内部を歩きまわって見ることができます。

 

 昨年秋に導入し、今年に入ってから本格運用を始めました。住宅やビルのデザインを行っていますが、スピーディーな提案力とわかりやすさで、お客様からも非常によい評価を頂いております。


 もちろん、まだ2DのCADも使用しておりますが、今後はBIMによる設計比率を挙げ、スピーディーで分かり易い設計を行うデザインファームへと進化を遂げていく予定です!。