ふたたび隠岐へ

一番最初に見て頂いた屋那の船小屋
一番最初に見て頂いた屋那の船小屋

 2月4日、5日と再び隠岐へ行ってきました。今回の出張は、現在進行中のプロジェクトの進捗確認、そしてもうひとつ大きな出来事のため…。


 なんとWISE・WISEの佐藤社長、吉原様、大澤様がご来島頂く運びとなり、そのご案内もさせて頂きました。


 ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、WISE・WISE(ワイス・ワイス)は「人と自然の関係を結び直す家具づくり」をテーマに掲げた家具メーカーです。フェアウッド(森林資源の再生が管理されている木材)のみを使用し、長期使用に耐えうる家具を製作・販売しています。


 佐藤社長には、昨年11月に隠岐の木材利用について、アドバイスをお伺いする機会を頂いておりました。その際に、是非一度ご来島下さいとお話しておりましたが、こんなに早く実現して頂くとは思っておりませんでした。


 森林や製材所を中心に見て頂きました。私の拙いガイドにもかかわらず、皆様真剣な眼差しでご覧頂き、随所で的確なアドバイスも頂きました。

 

 隠岐の島を見て頂いた佐藤社長のご感想が、佐藤社長のブログにありますので、是非そちらもご覧下さい。(佐藤社長のブログ


 今回の佐藤社長様のご来島を、我々が推進しているプロジェクトの新たな糧にしていきたいと肝に命じました。


都万地区にある屋那の松原。黒松による防風林です。

戦時中はこの黒松から採れる松脂をゼロ戦の燃料にしていたとか。

写真は当時松脂を採取していた跡です。

都万(つま)地区の山をご案内頂いた、佐山の里企業組合の田中さん。地元の山のメンテナスやしいたけ、わざびの栽培などをされています。

玉若酢命神社の参道ある八百杉。一節には樹齢2000年と言われています。

幼いころからよく見ていた杉ですが、改めて見るとその大きさに驚きます。

以前にも拙ブログで紹介した、私の実家が所有管理する山にて記念撮影。

写真左より、池田、吉原さん、佐藤社長、池田(弟)、大澤さん、吉崎専務(吉崎工務店)。

木活メンバーが極秘裏にテーブルを製作している吉崎工務店の作業所。

写真にあるのは、松食虫の被害にあった黒松の挽板。部分的に青いあざのようなものが見えますが、木目も美しく十分使えそうです。今までは全て廃棄処分としていました。

島内随一の規模を誇る製材工場、ウッドヒル隠岐。理事長を私の父が務める実家の関連会社です。私が隠岐の島を離れてから出来た工場なので、私も見るのが初めてでした。この工場が出来たため、実家のほうの製材所が休眠状態です。なので製材所を見たのは久しぶりでしたが、これぞ製材所!と言えるような活気ある工場でした。

松食虫の被害にあった黒松。幹の外側が青く変色してしまっています。中は使えそうですが、挽いてみると、ところどころ青い痣が出来ます。幼いころ、父親が松食虫の被害に頭を抱えていたことを思い出さずにいられません。

夜はこちらで、活気ある討論会!。1日に1組のお客様しか受け付けないという、島でも珍しい炉端焼き屋さん。個性的な女将さんに、楽しく場を盛り上げて頂きました。



翌日早朝に行った乳房杉。こちらは樹齢800年と言われています。乳房のように垂れ下がっているのは、根っことのこと。もはや杉に見えない…。

こちらはかぶら杉。なんと株立の杉!。有り得ない光景に、皆さん目が点でした。

そして、最後に訪れたのが吉崎工務店の椎茸工場。首都圏で自然食販売を手がけるこだわりやさんで購入することが出来ます。