隠岐木活PJ

 島根県は隠岐の島に、100年以上続く池田材木店という材木屋さんがあります。そうです、私池田の実家。

 長男が跡継ぎの座を投げ出し、弟が代をつぐという構図は先代からしっかり継承しております。

 その弟より一昨年から依頼をうけ、色々と試行錯誤してきた隠岐の島の木材活用プロジェクト。名づけて「隠岐木活PJ」。当初からリサーチやコンセプトワークを続けてきましたが、いよいよ具体的な提案をするフェーズに突入してきました。

 そしてその第1弾が、写真のプレゼン資料にあるテーブルプロジェクト。松くい虫の被害にあって、いままで廃棄されていた〇〇材を利用し、あんなことや、こんなことになっちゃうテーブルを、パートナーと共に考えました。

 明後日から隠岐の島に飛び、木活プロジェクトメンバーにプレゼンする予定です。メンバーもはじめてみるので、どんな反応が返ってくるのかドキドキもの。しかし今はプロジェクトの内容を皆様に披瀝する日が必ずくるように、前向きにひた走るのみ!!。

 まってろよ、我が故郷!!。