新庄の家 クリスマスに竣工

 新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 新年ブログ第1号は、昨年末に竣工した新庄の家です。2012年7月に着工したものの、震災復興に伴う職人不足により、工期が半月以上遅れることに。しかしクリスマスにやっと完成したので、昨年12月27日に検査を兼ねて状態を確認してきました。

 まだまだダメ工事もあるのですが、お施主様にも大変喜んで頂き、一安心です。

西側外観です。今年は随分雪が積もっているように見えますが、まだ少ないほうです。これから2月にかけて、1mから2m近く積もります。

中庭側の外観。もっと写真撮りたかったのですが、雪に阻まれて撮影できず…。来春には見れるかな?。

 

1階LDより中庭側大開口サッシを見た写真です。

 

1階和室詳細。真ん中の畳は取り外して堀こたつになります。

 

LD大開口サッシには、網戸のかわりに簾(すだれ)戸を設置。かなり良い雰囲気を醸し出しています。1階のフローリングはウォールナットの複層フローリング。

 

 

1階祖母の部屋。廊下から連続する間取りとし、プライバシーを守りながら、家族の雰囲気を感じられるようにしました。また障子は全ての桟を同じ太さとし、2連の障子が1枚の障子に見える”吉村障子を採用しました。

 

 

玄関ホールの吹き抜けです。2世帯住宅ですが、玄関は共有し1階は親世帯、階段を上がって2階を子世帯としています。

 

2階のLDより中庭側サッシを見たところです。2階床のフローリングはブビンガの複層フローリングです。

 

 2階中庭側のコーナーサッシ詳細。木製サッシです。

 

2階の廊下に設けた書斎コーナー。常に家族の雰囲気や自然の移ろいが感じられるように配慮しました。

 

 

 ブログにアップした写真の他、こちらにより多くの写真があります。是非ご覧ください!!。